ウォーターサーバー【2007年~2018年】市場規模推移・普及率について
Pocket

ウォーターサーバーの顧客数並びに市場規模の推移について
日本宅配水&サーバー協会のホームページに掲載されている
統計資料をご紹介します。

ウォーターサーバー市場規模推移と普及率について

2007年~2018年 ウォーターサーバー市場規模推移と普及率

ウォーターサーバーの顧客数と市場規模について2007年~2018年の推移表は
下記の通りとなります。

※OWは、ワンウェイ
BIBは、バックインバックの略となります。

方式 顧客数 成長率 市場規模 成長率
2007年 リターナブル 67万台 - 280億円 -
2008年 リターナブル 93万台 139.30% 383億円 136.80%
2009年 リターナブル 132万台 141.50% 488億円 127.40%
2010年 リターナブル 157万台 118.60% 564億円 115.50%
OW・BIB 42万台 - 120億円 -
宅配水計 199万台 150.50% 684億円 140.10%
2011年 リターナブル 170万台 108.60% 650億円 115.30%
OW・BIB 79万台 1.881 260億円 2.167
宅配水計 249万台 125.40% 910億円 133.10%
2012年 リターナブル 185万台 108.50% 720億円 110.80%
OW・BIB 108万台 1.371 450億円 1.731
宅配水計 293万台 117.60% 1,170億円 128.60%
2013年 リターナブル 199万台 107.80% 757億円 105.20%
OW・BIB 129万台 1.187 450億円 1
宅配水計 327万台 111.80% 1,207億円 103.20%
2014年 リターナブル 1,99万台 100.40% 758億円 100.20%
OW・BIB 139万台 1.077 431億円 0.957
宅配水計 338万台 103.20% 1,189億円 98.50%
2015年 リターナブル 199万台 99.50% 763億円 100.60%
OW・BIB 132万台 0.954 523億円 1.216
宅配水計 330万台 97.80% 1,286億円 108.20%
2016年 リターナブル 200万台 100.80% 770億円 100.90%
OW・BIB 150万台 1.136 630億円 1.204
宅配水計 350万台 105.90% 1,400億円 108.80%
2017年 リターナブル 195万台 97.50% 760億円 98.70%
OW・BIB 175万台 1.167 670億円 1.063
宅配水計 370万台 105.70% 1,430億円 102.10%
2018年 リターナブル 200万台 102.60% 770億円 101.30%
(推定) OW・BIB 185万台 1.057 710億円 1.06
宅配水計 385万台 104.10% 1,480億円 103.50%

 

ウォーターサーバー市場は、年々台数並びに市場規模が伸びており、
2018年(推定)は、385万台 市場規模は1480億円となります。

もう一つ、資料から読み取れるのは、年々ワンウェイ方式の機種の導入台数が
増えてきており、2018年は、リターナブル方式が200万台に対して、
ワンウェイ方式は185万台とかなり接近していることがわかります。

成長率のトレンドを考えるとワンウェイ方式がリターナブル方式の
導入台数を逆転する日も近いと思われます。

ウォーターサーバーのワンウェイ方式とリターナブル方式の違いについて

ウォーターサーバーのワンウェイ方式とリターナブル方式の違いについては
下記記事で詳しく書いてありますので、見ていただければと思いますが、

ウォーターサーバー【ワンウェイ方式・リターナブル方式】の特徴を説明

ポイントを説明しますと、

ワンウェイ方式は、飲み切った水ボトルをそのまま捨てることができる。

リターナブル方式は、飲み切った水ボトルを回収して殺菌して再利用する。

ということになります。

近年の傾向は、資料の通りで、ワンウェイ方式の方がより衛生的である点
配送業者(ヤマトや佐川急便等)が宅配してくれるので、再配達や配達日時等
融通が利く点もあり、人気があります。

まとめ

もう一つ資料から読み取れる点として、

2011年の東日本大震災から備蓄水として活用する法人並びに
家庭が増えてきていることも市場規模が拡大している要因となります。

ウォーターサーバーの需要が増えているのには、理由があり
ウォーターサーバー自体も近年は家庭で女性が使用できるような
工夫がされています。

水ボトルの交換方法や小さい子供がいる家庭を想定してチャイルドロック機能を
搭載しているサーバーが標準となってきています。

当サイトがおすすめするウォーターサーバーは下記記事を参照

ウォーターサーバー人気3社を徹底比較!値段・性能をランキング

あなたもこれを機に一度、ウォーターサーバーを検討してみてはいかがでしょうか。

 

Pocket

ウォーターサーバーランキング
コスモウォーター
管理人一押しのウォーターサーバーです。
初期費用、サーバーレンタル料、水の送料全てが無料!!
その中でもsmartプラスは2017年にグッドデザイン賞を受賞しているという、
「安い、そしておしゃれ」という完璧なウォーターサーバーといえるでしょう。
フレシャス
フレシャスのいいところは、なんといっても「交換のしやすさ」
ユーザーの利便性を徹底的に考えられたデザインは、当然グッドデザイン賞はとっています。
特に子供がいる家庭では抜群の性能を発揮するでしょう。
その理由は「子供の手の届かない高さに蛇口を設置している」という点。
チャイルドロックだけでなく、こういうユーザーの事を徹底的に考えて作られているところは、
流石としかいいようがありませんね。
プレミアムウォーター
プレミアムウォーターのいいところはなんといっても水の美味しさ。
水の美味しさをこだわりたいならプレミアムウォーター1択です。
富士山のふもとにある工場の地価200mから採取した天然水を非加熱でパッキングしており 天然水ならではのミネラルが物凄いです。
おしゃれ、旨い水という事にこだわりたいならプレミアムウォーターがおススメです。
ただサーバーの月額料金が4300円~かかってしまいますので要注意!!
関連キーワード
  • ウォーターサーバー人気3社の水の成分を比較してみました!
  • ウォーターサーバー【2007年~2018年】市場規模推移・普及率について
  • ウォーターサーバー【床置き型と卓上型の特徴について】
  • ウォーターサーバー【ワンウェイ方式・リターナブル方式】の特徴を説明】
  • 浄水器とウォーターサーバーはどっちが良い?それぞれの特徴を比較!
  • 電気代が安いウォーターサーバー3機種と利用者の電気代の口コミ紹介
おすすめの記事