コーヒーやお酒の水にこだわりたい!ウォーターサーバーがおすすめ!
Pocket

ウォーターサーバーというと、女性(ママ)のイメージが強いのですが
最近は、

・健康のためにおいしい水を飲みたい!

・家飲みするときに、焼酎やウィスキーの水割りの水にこだわりたい!

・コーヒーを作るときに、お水にもこだわりたい!

という男性も増えてきています。
これは、結婚している男性が家庭にあるウォーターサーバーを
使用したい。ということももちろんありますが、

一人暮らしの男性が部屋にウォーターサーバーを置くことも増えてきています。
(部屋に置いてあると、友達や恋人を部屋に呼んだ時もおしゃれ感がでますね。)

健康のために、おいしい水を飲む

最近は、健康のためにマラソンや体を鍛える男性が増えてきています。
特に、30代、40代のサラリーマンは、外見を若々しく保つため、
そして、健康のために運動をしている方が多いですね。

運動時、運動後の水分補給に

運動時や運動後の水分補給の水にこだわる方も増えてきており、
・マラソン後、家でウォーターサーバーのおいしい水を飲んだり、
・マイボトルにウォーターサーバーの天然水を入れて運動時に
 飲んでいる男性は以前とは比較にならないくらい多く見かけます。

あなたの周りでも多いのではないでしょうか。

お酒の水割り・コーヒーに合う水は

水には、軟水と硬水があります。
水に含まれるカルシウムやマグネシウムのミネラルの量で分かれており、

軟水は、100mg/ℓ 以下

硬水は、100mg/ℓ 以上

となります。

基本的に、普段飲んでいるのは飲みやすい軟水となります

水割りには、軟水がおすすめです。

軟水はミネラルが低いので、味がまろやかですので、お酒の邪魔をしません。
よって、お酒本来の味を楽しむことができます。

コーヒーも軟水がおすすめです。

コーヒーもお酒の水割り同様に軟水がおすすめです。
コーヒー豆本来の味わいがでて、まろやかな口当たりとなります。

硬水で入れたコーヒーは苦みが深まりますので、エスプレッソ等
の際には、硬水を使用することもおすすめですが、
コーヒー豆本来の味わうということであれば、やはり軟水を
使用することをおすすめします。

おしゃれなサーバーで部屋のインテリアに

ウォーターサーバーを選ぶときに、部屋のインテリアになる
おしゃれなウォーターサーバーを選ぶ人が多いですよ。

一昔前のウォーターサーバーは、水ボトルがむき出しになった
業務用のデザインが多かったのですが、最近は、水ボトルが
サーバー内部に収納されており、(外側から見えない)
スタイリッシュなデザインが多くでています。

おしゃれな部屋で、
水割りやコーヒーの水にこだわって飲む!

変な嫌味がなく、純粋にかっこいいですよね!

Pocket

ウォーターサーバーランキング
コスモウォーター
管理人一押しのウォーターサーバーです。
初期費用、サーバーレンタル料、水の送料全てが無料!!
その中でもsmartプラスは2017年にグッドデザイン賞を受賞しているという、
「安い、そしておしゃれ」という完璧なウォーターサーバーといえるでしょう。
フレシャス
フレシャスのいいところは、なんといっても「交換のしやすさ」
ユーザーの利便性を徹底的に考えられたデザインは、当然グッドデザイン賞はとっています。
特に子供がいる家庭では抜群の性能を発揮するでしょう。
その理由は「子供の手の届かない高さに蛇口を設置している」という点。
チャイルドロックだけでなく、こういうユーザーの事を徹底的に考えて作られているところは、
流石としかいいようがありませんね。
プレミアムウォーター
プレミアムウォーターのいいところはなんといっても水の美味しさ。
水の美味しさをこだわりたいならプレミアムウォーター1択です。
富士山のふもとにある工場の地価200mから採取した天然水を非加熱でパッキングしており 天然水ならではのミネラルが物凄いです。
おしゃれ、旨い水という事にこだわりたいならプレミアムウォーターがおススメです。
ただサーバーの月額料金が4300~かかってしまいますので要注意!!
未分類の関連記事
  • 富士山の天然水(ミネラルウォーター)が飲めるウォーターサーバーは
  • ウォーターサーバー人気3社の水の成分を比較してみました!
  • ウォーターサーバーの非加熱処理と加熱処理の違いは何なのか?
  • 【美容・健康】ウォーターサーバーの水を飲んでキレイな美肌に!
  • コーヒーやお酒の水にこだわりたい!ウォーターサーバーがおすすめ!
  • ウォーターサーバーの顧客数並びに市場規模推移について
おすすめの記事
蛇口直結のおすすめの浄水器を紹介!
未分類
あなたは、日常生活で水道水を何気なく飲んだり料理に使っているのではないでしょうか。 水道水は、厳しい審査基準を通過してきていますが、送水中等...