ウォーターサーバーはお酒の水割りに便利に使えてよく合います!
Pocket

ウォーターサーバーは、おいしい水をいつでも飲むことが
できて、冷水、お湯が出るので便利です。

日常的に水を飲むというのが一般的な使い方ですが、
家でお酒を飲むときにウォーターサーバーのおいしい水を
使用して、水割りをするのにもとても便利です。

今回は、ウォーターサーバーのお酒を飲むときの活用方法
並びに二日酔いの予防方法について紹介していきますので
興味がある方はぜひ読んでいただければと思います。

ウォーターサーバーの水でお酒の水割りにこだわる

家でお酒を飲むときに、ビールや酎ハイ、カクテルなど飲むことが
多いと思いますが、焼酎の水割りを飲むことも多いのではないでしょうか。

焼酎を水割りする場合、焼酎本来の風味や味をじっくり味わう。

ということも一つの焼酎の醍醐味であると思います。

その時に、水割りをする水にこだわりたい。

ということで水道水で水割りせずに市販の水のペットボトルの
水を使用していないでしょうか。

そのときに、活躍するのがウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーの冷水・お湯で水割り・お湯割りを作る

ウォーターサーバーは、すぐに冷水・お湯をだすことができるので、
普段は、焼酎の水割りを冷水で作って、

寒い冬、焼酎をお湯割りしたいときもお湯を沸かす手間なく、
すぐにウォーターサーバーのおいしい水のお湯を注ぐことで
お湯割りを作ることができます。

お酒を割るのに最適な水は軟水

普段お酒を割るときに、あまり意識をしたことはないと思いますが
水には硬度があって、水に含まれるミネラル分によって、硬水と
軟水に分けることができます。

普段、飲んでいる水道水やペットボトルはほとんど軟水ですので、
軟水になじみがあると思います。

軟水は、飲みやすく口当たりがよいです。

硬水は、ミネラル分が多く入っているため、鉄のような味がしますね。
一度は飲んだことがあるのではないでしょうか。

お酒を割るのには、飲みやすく口当たりがよい軟水が適しています。
軟水はお酒の風味や味を消してしまうことがないのが理由です。

多くのウォーターサーバーは、軟水となりますので、
この点にも置いてもウォーターサーバーは適しているといえます。
(ウォーターサーバーを実際に契約する際に硬度は確認しましょう)

ウォーターサーバーで家飲みをおいしく、楽しくリーズナブルに

ウォーターサーバーを使用することで家飲みをこれまで以上に
おいしく、便利にリーズナブルにすることができます。

仕事の都合や、金銭的な都合でお酒は好きで飲みたいんだけれども
なかなか外で飲む機会が少ない・・・。ということであれば

ウォーターサーバは月額の費用はかかりますが、
月額費用は天然水サーバーでも4,000円位から
始めることができますので、

お店でお酒を飲んだら1~2回で元が取れてしまいます。

友達や仲間を呼んでワイワイ家飲みするのも楽しいですし、
パートナーや一人でじっくりと家飲みにも良いですね。

そのときに、ウォーターサーバーがあれば水道水ではなく
おいしい天然水を利用することでお酒本来の味をリーズナブルに
を味わうことができますよ。

二日酔い予防にやわらぎ水がおすすめ

ビールや焼酎、日本酒などの強いアルコール度数の
お酒を飲んだり、飲み過ぎた後に訪れるのが二日酔いです。

飲んでるときは、楽しくてついつい飲みすぎてしまうのですが、

勢いやその場の雰囲気に合わせて

飲み過ぎてしまった日の翌日は、頭痛や吐き気、胸やけなど
大変ですね。平日で仕事があるととくに午前中は
このような状態では仕事も生活もままならなくなってしまいます。

このような状態を防ぐためにもお勧めするものが
和らぎ水とよばれているものです。

二日酔い予防に効果的な和らぎ水とは?

和らぎ水という言葉をあなたは知っていますでしょうか?

アルコールが好きな人であっても、
和らぎ水を知らないという人は意外と多いです。
(私は、この記事を書くまで和らぎ水は知らなかったです。。。)

和らぎ水とは、

飲み過ぎや二日酔いを防止することができたり、
飲み過ぎて発生する脱水症状を予防する効果があるといわれています。

それでは、やわらぎ水とはどのようなものかというと

日本酒をのみながらその合い間に飲む水のことを指します。

日本酒に限らずですが、日本酒は数あるお酒の中では
比較的アルコール度数が強い部類に入りますので、日本酒を
例に挙げて説明していきます。

経験があると思うのですが、

日本酒はおちょこに入れて飲むと、ついついグイグイ飲んでしまい、

日本酒だけをおいしいからと言ってずっと飲み続けていると、
翌日には二日酔いになることが目に見えています。

そこで登場するのが和らぎ水です。

日本酒を一口飲んだ後に水を少し飲み、さらにまた日本酒を
一口飲んだ後に少しすするを繰り返すことで、摂取した
アルコールの濃度を薄めることができるというものです。

つまり、他のお酒を飲むときも同じように、お酒を飲みながらも
途中で上手に水を飲みながら飲むことで二日酔いの予防ができる
ということですね。

洋酒の世界は、チェイサーが該当します

ちなみにこの時に飲む水は、
洋酒の世界で表すとチェイサーに該当します。

チェイサーは追う者ということを意味しており、
アルコールが好きな人であれば知っていますでしょうか。

アルコール度数の強いお酒をストレートで飲む場合には、
お酒のあとを追うように提供されるものをチェイサーと呼んでいます。

これは様々な効果が期待できるとされています。
二日酔いや飲み過ぎの防止、脱水症状の予防、舌のリフレッシュが挙げられます。

日本酒を一口飲むごとにチェイサーをのむことで、
おなかがふくれるようになります。

これにより自然とアルコールを飲む量も少なくなり、
飲み過ぎ防止につながるというのです。

また飲むペースを調整することによって、
血中アルコール濃度の上昇を抑えることができるでしょう。

和らぎ水は、軟水がおすすめ。

一番のおすすめはお酒の量と同じ量をのむということです。
この時に選びたいのが軟水です。

先ほども説明をしましたが、硬水はミネラル成分が強いので
少し鉄のような味がするのに対して

軟水は、ミネラル成分独特の苦みや癖が少ないので、
日本酒やお酒本来の上質な風味や後味を邪魔することがないでしょう。

自宅で飲む場合は、ウォーターサーバーがおすすめ

手軽に摂取したいのであればウォーターサーバーがお勧めです。

ウォーターサーバーを設置することによって、
自宅で日

日本酒を飲むときには、翌日の二日酔いを
予防しながら、日本酒をおいしく楽しむことができるでしょう。

これにより翌日にお酒を持ち越すことなく、シャキッと
切り替えて仕事や生活に専念することができますね。

まとめ

今回は、ウォーターサーバーは、通常のおいしい水を飲むという
こと以外にも、家飲みする際には、お酒の水割りやお湯割りにも
便利に使えることができて、

さらに水道水で割るよりも、ウォーターサーバーのおいしい天然水
で割ることで、お酒本来の風味を味わうことができる点について
紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

さらに、ついつい飲みすぎてしまって二日酔いを予防する点にも
やわらぎ水や、チェイサーと呼ばれている通り、お酒を飲みながら
途中途中で上手に水を飲むことで二日酔いを予防できる点を説明しました。

水を飲むことは言われてみれば、言われなくてもということも
あると思いますが、私は、改めて意識することで以前に比べて
二日酔いになる頻度や重度もだいぶ少なくなりましたので、おすすめです。

リーズナブルに家飲みすることが多いので、あれば
お酒をつくるときにも、途中のチェイサーとしても便利に
使用できるウォーターサーバーはおすすめですよ!

Pocket

ウォーターサーバーランキング
コスモウォーター
管理人一押しのウォーターサーバーです。
初期費用、サーバーレンタル料、水の送料全てが無料!!
その中でもsmartプラスは2017年にグッドデザイン賞を受賞しているという、
「安い、そしておしゃれ」という完璧なウォーターサーバーといえるでしょう。
フレシャス
フレシャスのいいところは、なんといっても「交換のしやすさ」
ユーザーの利便性を徹底的に考えられたデザインは、当然グッドデザイン賞はとっています。
特に子供がいる家庭では抜群の性能を発揮するでしょう。
その理由は「子供の手の届かない高さに蛇口を設置している」という点。
チャイルドロックだけでなく、こういうユーザーの事を徹底的に考えて作られているところは、
流石としかいいようがありませんね。
プレミアムウォーター
プレミアムウォーターのいいところはなんといっても水の美味しさ。
水の美味しさをこだわりたいならプレミアムウォーター1択です。
富士山のふもとにある工場の地価200mから採取した天然水を非加熱でパッキングしており 天然水ならではのミネラルが物凄いです。
おしゃれ、旨い水という事にこだわりたいならプレミアムウォーターがおススメです。
ただサーバーの月額料金が4300円~かかってしまいますので要注意!!
関連キーワード
  • ウォーターサーバーの天然水を飲んで子供のジュース離れをサポート!
  • ウォーターサーバーで簡単に作ろう!寒い冬に飲むホットドリンク
  • ウォーターサーバーの水で、お米をふっくら美味しいご飯を炊こう!
  • ウォーターサーバーで新生活を快適に始めるメリットとは
  • ウォーターサーバーで白湯を簡単に作って花粉症を予防しよう!
  • ウォーターサーバーの安全な水で作る赤ちゃんの離乳食レシピ!
おすすめの記事