お湯を再加熱できる!リヒート機能搭載のウォーターサーバーを紹介!
Pocket

ウォーターサーバーはたくさんの種類があり、スリムで置きやすい形のものや、
節電機能を装備し、電気代を節約できるものなどがあります。

その中でも便利な機能の一つがリヒート機能です。

リヒート機能(再加熱ボタン)を押すことで
再加熱指令できる機能は、カップラーメンを作ることが
多い場合は、特に重宝する機能です。

具体的には、

再加熱ボタンを押すことで、熱々の温度にまで上昇しますので
熱いお茶を飲んだり、美味しいカップラーメンを作ることが
可能になります。

ウォーターサーバーにはこの機能を搭載している機種は少ないです。
今回は、リヒート機能を搭載している5機種を紹介していきますので
ぜひとも最後まで読んで参考にしてください。

お湯のリヒート機能(再加熱)とは?

まず、初めにリヒート機能とは、具体的にはどういう機能なのか?

何が便利なのか?について説明していきます。

後から、各ウォーターサーバーのお湯の温度を紹介していきますが、
各サーバー80~90℃位。ということです。

80~90℃の温度でもカップラーメンは作ることができるのですが、

私は、熱湯でカップラーメンを作る方が好きなので、
ウォーターサーバーのおいしい水でカップラーメンを作るために
温水で出して、コンロで沸騰させています。
(ちなみにすぐに沸騰するのでやはり便利です。)

実は、こういうニーズは多くて、あなたも熱湯が出れば便利だな?

と思っているのではないでしょうか。

そこで便利な機能がリヒート機能(再加熱機能)となります。

さすがに沸騰するまでは、温度を上げることは難しいのですが
通常の温水よりも熱湯になりますので、便利に活用することが
できますよ。

リヒート機能がついているサーバーは、意外と限られていて
下記5サーバーとなります。

となります。

それでは、各機種の温度について紹介していきます。

アクアクララ アクア・アドバンス

まずは、
アクアクララの「アクア・アドバンス」を紹介します。

再加熱ボタンを押すとリヒート機能が働き、
約90℃まで温度が再上昇します。

通常時の温水は85~90℃で保存されていますから、
それほど時間がかからず終了します。

アクアクララは、RO水のウォーターサーバーで
人気があるウォーターサーバーとなります。

RO水のウォーターサーバーの特徴は、
天然水のサーバーよりも水代を安く抑えることができます。
また、解約金もかからないサーバーもありますね。

ちなみに、RO水とは、
原水をRO膜(逆浸透膜)でろ過して作っている限りなく純水に近い水となります。
RO膜を使用すると、1000万分の1という小さな不純物まで除去することが可能と
なりますので、クリアな水となります。

水道水(原水)でも日本の厳しい基準をクリアしていますが、
雑菌を処理して、基準をクリアする点で、塩素を使用することで、
水道水はいわゆるカルキ臭が気になる場合がありますが、
RO膜を使用したろ過システムは塩素も除去することで、
RO水は、カルキ臭は気にならなくなります。

天然水とRO水の違いの詳細はこちら

アクアクララの詳細はこちら

キララ

キララも同様に90℃まで再加熱しますが、
こちらは83~93℃で保存していますので、ボタンを押した
タイミングによっては瞬時過熱動作が終了すると考えられます。

キララの特徴は、炭酸水を出すことができる点です。

最近は、コンビニでも炭酸水が多く売られており人気となっています。
天然水の炭酸水にも興味がある。と考えていればオススメですよ!

サントリー南アルプスの天然水

サントリーの「南アルプスの天然水」は
85~92℃の常時保存温水を約92℃まで再加熱します。

85℃まで下がっていたら加熱時間を少し要しますが、
92℃の保温状態であれば瞬時に完了することになります。

フレシャスslat(スラット)

フレシャスの「slat(スラット)」は常時は80~85℃で保温し、
再加熱ボタンを押すことで約90℃に加熱します。
そのため多少時間を要しますが、
リヒート機能を感じさせてくれる製品と言えるかもしれません。

フレシャススラットは、天然水ウォーターサーバーで
私がオススメしているサーバーの一つです。

おしゃれなサーバーで、グッドデザイン賞も受賞しています。
外観がおしゃれなだけでなく、機能も充実していてとても
人気と実績を兼ね備えたウォーターサーバーです。

フレシャススラットの詳細や口コミはこちら

プレミアムウォーターの「cado×PREMIUMWATER」

プレミアムウォーターの「cado×PREMIUMWATER」は
83℃の保存温水を、約90℃まで加熱します。

時間は他の製品と比べて時間がかかると言え、加えて
節約モード時は加温をしていない状態ですので、リヒートボタンを
押してから所定の温度に上昇するまでかなり時間がかかると考えられます。

プレミアムウォーターの「cado×PREMIUMWATER」のおすすめポイントは
プレミアムウォーターのマムクラブ対象機種だということです。

マムクラブは、「妊娠しているか5歳以下の子供がいる家庭」が対象と
なりますが、あなたが、この条件に当てはまるのであれば、
本当におすすめできるサーバーです!

お得なプレミアムウォーターのマムクラブの詳細はこちら

省エネモード作動時は注意が必要

上記の5機種のウォーターサーバーは再加熱ができる
リヒート機能が搭載していますので、便利に使えるサーバーです。

一点、気を付けないといけない点は省エネモード作動時です。

エコモードの機能は電気代を節約してくれるものですが、
電気を抑えている分、お湯の温度が少しぬるくなります。

そのため再加熱ボタンを押したとき、節約しているときの
温度によっては少し時間がかかる製品がありま。

しかし、

エコモードで省エネ機能をうまく活用することで電気代を抑える
ことができますので、常時熱いお湯が欲しい方は、

省エネモードをオフに、冷たい水があまり必要ない時間帯は
冷却省エネモードをオフにするなどし、上手に活用することをおすすめします。

まとめ

今回は、お湯を再加熱ができる便利なリヒート機能がついた
ウォーターサーバー5機種を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

天然水には特にこだわっていない。

RO水のウォーターサーバーを検討しているということであれば
アクアクララのアクアアドバンスが良いですね。
ちなみに、RO水という点でいうと、「クリクラ」が有名です。

あとは、最近、契約数が伸びてきているのが、
水道直結式サーバーのウォータースタンドです。
水道直結方式なので、水代が月額定額なのが人気の要因です。
水を多く利用したい。ということであれば
ウォータースタンドは、かなりおすすめです!

ウォータースタンドの詳細と口コミはこちら

天然水でかつ炭酸水に興味がある場合は、キララが良いですね!

天然水のウォーターサーバーであれば、
当サイトでは、人気実力を兼ね備えている

フレシャスとプレミアムウォーターをおすすめしています。

フレシャスのスラットは、
シンプルでスタイリッシュなデザインがとても人気です。

プレミアムウォーターのcado×PREMIUMWATERも、
おしゃれでかつ機能充実なサーバーです。

本文でも説明しましたが、とにかくマムクラブの対象であれば
費用対効果がとても高いサーバーとなりますので、かなり
おすすめですよ!

 

Pocket

ウォーターサーバーランキング
コスモウォーター
管理人一押しのウォーターサーバーです。
初期費用、サーバーレンタル料、水の送料全てが無料!!
その中でもsmartプラスは2017年にグッドデザイン賞を受賞しているという、
「安い、そしておしゃれ」という完璧なウォーターサーバーといえるでしょう。
フレシャス
フレシャスのいいところは、なんといっても「交換のしやすさ」
ユーザーの利便性を徹底的に考えられたデザインは、当然グッドデザイン賞はとっています。
特に子供がいる家庭では抜群の性能を発揮するでしょう。
その理由は「子供の手の届かない高さに蛇口を設置している」という点。
チャイルドロックだけでなく、こういうユーザーの事を徹底的に考えて作られているところは、
流石としかいいようがありませんね。
プレミアムウォーター
プレミアムウォーターのいいところはなんといっても水の美味しさ。
水の美味しさをこだわりたいならプレミアムウォーター1択です。
富士山のふもとにある工場の地価200mから採取した天然水を非加熱でパッキングしており 天然水ならではのミネラルが物凄いです。
おしゃれ、旨い水という事にこだわりたいならプレミアムウォーターがおススメです。
ただサーバーの月額料金が4300円~かかってしまいますので要注意!!
関連キーワード
  • ポット型浄水器BRITA(ブリタ)からウォーターサーバーへ乗り換え!
  • お湯を再加熱できる!リヒート機能搭載のウォーターサーバーを紹介!
  • ウォーターサーバーの天然水を飲んで子供のジュース離れをサポート!
  • ウォーターサーバーがあれば、適温で美味しいお茶が手軽に作れる!
  • ウォーターサーバーの水で、お米をふっくら美味しいご飯を炊こう!
  • ウォーターサーバーで新生活を快適に始めるメリットとは
おすすめの記事