ウォーターサーバーのレンタル・購入の違い!メリット・デメリットを徹底解説!

ウォーターサーバーの契約を検討する際に、各社のウォーターサーバーの料金体系を見ているとサーバー本体についてレンタルと購入の2プランどちらかを選択できるウォーターサーバーがあります。

レンタルと購入はどちらがお得なのか?

レンタルと購入それぞれどのようなメリットやデメリットがあるのか?

ウォーターサーバーのレンタルの仕組みについて購入した場合と比較をしながらレンタル方式をおすすめする
理由も含めて説明をしていきますので、ウォーターサーバーをレンタルもしくは購入で悩んでいればぜひとも読んでいただき、少しでも参考になれば嬉しいです。

ウォーターサーバーのレンタル契約は解約金に注意

ウォーターサーバーのレンタルを利用する際には理解しておいておいたほうが良い仕組みがあります。

ウォーターサーバーの本体についてサーバーをレンタルするか購入するか選べる場合があり、レンタルを選ぶ方が多い傾向です。

ウォーターサーバーを購入する場合

ウォーターサーバーを購入する場合、月額費用はレンタルと比較して安くなりますが、初期の契約金額が高くなります。

ウォーターサーバーをレンタルする場合

一方、ウォーターサーバーをレンタルする場合は月額費用はサーバーを購入する場合と比較すると高くなりますが、契約時に支払う金額が下がるので、ウォーターサーバー導入のハードルが低くなります。

ウォーターサーバーのレンタルが選ばれる3つのメリット!

購入とレンタルがあり、レンタルが選ばれることが多い傾向ですがサーバーをレンタルすることが選ばれる主な理由は、3点あります。

ウォーターサーバーレンタルは、月額費用は高くなるが初期費用が安い

一点目は、前述したとおり、レンタル方式だと初期費用が安く始められることがポイントです。

このからくりは、長期で使用してもらうことでサーバー費用を捻出していくということになりますので、

注意しなければいけないのは、レンタル方式の場合は、契約期間が2年間もしくは3年間の縛りが設定されることが多く、契約期間内に解約をすると、解約金が発生することになります。

各サーバー会社それぞれ解約金の金額や解約金が発生する期間を定めていますので、サーバーをレンタルして契約する前に解約条件についても、しっかり確認しましょう。

ウォーターサーバーレンタルなら新しいサーバーに定期的に交換ができる!

ウォーターサーバーを購入する大きなデメリットはサーバーがいらなくなった場合、自分でサーバーを処分をする必要があるので面倒です。

一方でサーバーをレンタルすれば、契約期間満了後であれば費用をかけずに業者にサーバー本体を引き取ってもらうことができる点、契約期間満了後であればウォーターサーバーを乗り換えることで、古いサーバーをずっと使用することなく、定期的に新しいウォーターサーバーを使用できる点です。

スマホ並の急激な機能追加・デザイン変更はないですが、ウォーターサーバーも年月が経つにつれて、トレンドの変化や最新機能が追加していきますね!

レンタル契約期間中でも乗り換えキャンペーンを上手に活用

また、レンタル契約期間中に、他社のウォーターサーバーに乗り換えたい!場合は、ウォーターサーバー各社がほとんど常時実施している乗り換えキャンペーンを使用することで乗り換え先の会社が解約金相当を負担してくれる場合が多いので、実質的に無料でウォーターサーバーを乗り換えることができます!(こちらも携帯電話会社のサービスによく似ていますね。)

レンタル方式のフレキシブルな点は、大きなメリットであり、ウォーターサーバーでレンタル方式を選んでいる人が多い大きなポイントとなります。

参考記事

プレミアムウォーターの新規・乗り換えキャンペーンの体験談を紹介!

フレシャスキャンペーンの口コミ評判!新規・乗換の内容と満足度は?

ウォーターサーバー レンタルと購入の違いとは?

(写真は、プレミアムウォーター PREMIUMWATER×CADOとなります。)

ウォーターサーバーのサービス内容は、自宅やオフィスにウォーターサーバーの本体を設置して、定期的に水を宅配してもらい水を補充するのが基本サービスとなります。

水ボトルの回収は、リターナブルとワンウェイ方式

ボトルの回収方法には2つの種類があります。

宅配時に使い終えたボトルを回収するリターナブル方式
回収が行われないワンウェイ方式

リターナブル方式は水ボトルの処分が不要になりますが、回収日まで水ボトルを保管しておく必要がありますから、置き場所を確保しなければいけないのが欠点です。

ワンウェイ方式はボトルの回収が行われませんから、利用者が自分で処分することになります。

好きなタイミングで処分できるので、回収はしてもらえないものの、水ボトルの保管に悩む必要がないのがメリットです。

いずれの回収システムにおいても、宅配や回収希望日時を指定できるか否かは、利用するウォーターサーバー次第です。

どちらの方式を採用しているかもサービス次第ですし、利用者の側で選択できない場合が大半です。

水の定期配送と都度注文

定期的に水を宅配してくれるのがウォーターサーバーの魅力ですが、定期配送と都度注文という違いもあります。

定期配送は文字通り、最初に指定した間隔でボトルを届けてもらう、一度の注文で済む仕組みです。
選べる周期も業者によりますが、1ヶ月単位や10日、あるいは1週間ごとと指定できることが多いです。

配送周期の変更ができるかどうか、休止が行えるかなどについても、レンタル各社ごとに差が存在します。

都度注文は、水が欲しくなった時に毎回注文を行う方式で、必要な量をその度に発注できる点が便利です。
自動的に配送してくれないので、不足しないように在庫管理が必要になりますが、使いたい分だけ注文できることから無駄が出にくいです。

発送地点から距離のある地域だと、注文から到着までのタイムラグが発生しますから、在庫がなくなる前に早めに注文する必要はあります。

天然水のウォーターサーバー3社(購入とレンタル選択は?)

(写真はフレシャス デュオ となります。)

当サイトがおすすめする天然水のウォーターサーバーは、

フレシャス

プレミアムウォーター

コスモウォーター

となります。

プレミアムウォーターとコスモウォーターについてはサーバーはレンタル方式のみとなります。

フレシャスは、サーバーを購入するか、レンタルするかを選択することができます。

フレシャスの場合、サーバー購入時(一括・分割)とレンタルした場合の月額費用は、購入するとどのくらいメリットが出るのかどうかは、下記記事で月額費用の差額含めて詳しく説明していますので、フレシャスのサーバーを検討する場合、ぜひとも参考にしていただければと思います。

参考記事

フレシャスの人気サーバー徹底比較!購入とレンタルはどっちがお得?

まとめ

今回は、ウォーターサーバーのレンタルと購入について比較をしながら説明しましたがいかがでしたでしょうか。

サーバーレンタルを選んでいる人が多い理由は、

・初期費用が安く始められる点(レンタル契約期間内の解約は解約金発生に注意しましょう)

・契約期間終了後もしくは契約途中でのサーバーの交換しやすいため古いサーバーをいつまでも使用するのではなく、定期的に新しいサーバーに入れ替えることができる。

・レンタル契約途中で解約して、他社サーバーに乗り換える場合は乗り換えキャンペーンで解約金を補填してくれることが多いため解約リスクを回避できる可能性が高い

の3点が大きなポイントなります。

また、ウォーターサーバーと一口にいっても各社レンタルシステムは様々なので、ウォーターサーバーを比較検討をする際は、各社のサービスや料金の違いについても念頭に置いておきましょう。

当サイトの天然水サーバーのおすすめは
プレミアムウォーター
コスモウォーター
フレシャス
の人気も実績も兼ね備えている3社です。

ウォーターサーバーのレンタルと購入の違いを知っていただき、あなたに合ったウォーターサーバーを提供する会社を選択することで、ウォーターサーバーをより快適に利用できる参考になれば嬉しいです。

ぜひ、この機会にウォーターサーバーの契約を検討してみてはいかがでしょうか。

ウォーターサーバーランキング
コスモウォーター
管理人一押しのウォーターサーバーです。
初期費用、サーバーレンタル料、水の送料全てが無料!!
その中でもsmartプラスは2017年にグッドデザイン賞を受賞しているという、
「安い、そしておしゃれ」という完璧なウォーターサーバーといえるでしょう。
フレシャス
フレシャスのいいところは、なんといっても「交換のしやすさ」
ユーザーの利便性を徹底的に考えられたデザインは、当然グッドデザイン賞はとっています。
特に子供がいる家庭では抜群の性能を発揮するでしょう。
その理由は「子供の手の届かない高さに蛇口を設置している」という点。
チャイルドロックだけでなく、こういうユーザーの事を徹底的に考えて作られているところは、
流石としかいいようがありませんね。
プレミアムウォーター
プレミアムウォーターのいいところはなんといっても水の美味しさ。
水の美味しさをこだわりたいならプレミアムウォーター1択です。
富士山のふもとにある工場の地価200mから採取した天然水を非加熱でパッキングしており 天然水ならではのミネラルが物凄いです。
おしゃれ、旨い水という事にこだわりたいならプレミアムウォーターがおススメです。
ただサーバーの月額料金が4300円~かかってしまいますので要注意!!
おすすめの記事