冬は乾燥で肌がかゆくなる!乾燥肌トラブルの正しい予防方法と対策!

肌が乾いてカサカサ・・・冬は乾燥で肌がかゆくなる!

冬は肌がかゆくなったりしませんか?冬にかゆみが起こりやすいのは、肌が乾燥しやすいから。肌が乾いてカサカサしたり、かゆみが出たりといった乾燥肌トラブル、冬にねうと一気に増えて困っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は冬に起きがちな、乾燥肌トラブルの正しい予防方法と対策を紹介します。

なぜ冬は肌が乾燥するのか?その仕組みと原因は

肌は、大きく分けると表面に近い「表皮」と奥にある「真皮」に分かれています。表皮のなかでも最も表面にあるのが「角質」です。かゆみは、表皮と真皮の境界付近まで伸びている「感覚神経の末端の受容体(かゆみの神経)」によって感知されます。摩擦やホコリ・ダニなど様々な外からの刺激でこの神経が反応すると、かゆみが発生します。

通常は表皮と真皮の境界付近にあるかゆみの神経が、水分が蒸発して肌が乾燥することで、角質のすぐ下まで末端を伸ばします。肌が乾燥するとかゆくなりやすいのはこのせいです。

ではなぜ肌が乾燥するのでしょうか。その原因はいくつかあります。

冬ならではの環境(気温・湿度低下)によるバリア機能低下

冬になると気温が低くなり、血行が悪くなりがちで、肌細胞に栄養が届きにくくなります。また、夏に比べて汗をかきづらくなくなることで、皮脂膜の減少を招きます。さらに空気の乾燥で、お肌の中の水分量が少なくなり、皮膚の表面にひび割れができたりして、バリア機能が低下します。

バリア機能が低下した角層は、外部からの刺激を防ぐことができません。かゆみの神経が皮膚の表面近くまで伸びてきてしまうことから、ちょっとした刺激でもかゆくなる「かゆみ過敏」の状態になってしまいます。

暖房器具の使い過ぎによる空気の乾燥

冬になると空気が乾燥する上に、室内では暖房が欠かせませんよね。ですが、エアコンなどの暖房器具の多くは空気を暖めるだけで、ますます湿度が低下してしまうことに。そのような状態が続くと、乾燥肌トラブルにつながります。とくに電気こたつや電気毛布などは、かゆみがひどくなりがちなので、使用は最小限にした方がいいでしょう。

熱いお風呂に長く入浴・こすり過ぎ

熱いお風呂や長時間の入浴は、皮脂や角層の保湿成分が奪われます。また、石鹸を付けてゴシゴシこすってしまうと、さらに肌表面の皮脂膜を剥がし、角層を痛めてしまいます。とくに「かゆい」とこすりたくなりますが、肌状態が悪化してしまうので、優しく洗うようにしましょう。また、ごしごしこするような洗顔など、間違ったスキンケアも同様に角質を痛めたり、必要な皮脂まで奪ってしまいます。

不規則な生活や食事

寝不足や食生活の乱れも、乾燥や肌荒れの原因となり、かゆみに繋がります。極端なダイエットなど栄養不足になると、お肌に充分な栄養が届かず、肌荒れの原因となります。肌への悪影響が出やすいのは、ビタミン類。とくにビタミンB群には、肌のターンオーバーサイクルを正常に維持する働きがあるので十分な摂取が必要です。

紫外線によるダメージ

紫外線は、シミやしわ・日焼けなど、さまざまな肌トラブルの原因になります。肌の最も外側にある角質層は、特に紫外線のダメージを受けやすいため、肌のバリア機能を低下させる大きな原因となります。

加齢による影響

肌の経年変化の影響でも、セラミドやNMFといった角質をつくる物質が少なくなります。さらに、角質細胞の生まれ変わりであるターンオーバーが鈍くなると、本来はがれ落ちるべき角質細胞が表皮に残り、角質層が厚くなった結果、潤い物質の少ない角質層が肌表面に増え、乾燥を助長し、かゆみを呼び起こしやすくなります。

乾燥肌トラブルの正しい予防方法と対策!

肌の潤いをキープするためには、肌表面を覆う皮脂、角質を構成しているセラミド(角質細胞間脂質)やNMF(天然保湿因子)が必要です。しかし、空気が乾燥する季節は乾燥によって水分が逃げやすい状態となり肌は乾燥し、かゆみを感じやすくなってしまうのです。

では、どうすれば乾燥肌を予防したり、トラブルを抑えたりできるでしょうか。

スキンケア:かゆみを抑え、肌の状態を改善できる製品に

まず、洗顔。洗いすぎは、肌に過度な刺激を与えたり、必要な保湿成分を失うことにつながります。洗顔は、朝と夜の1日2回までにし、洗顔料をたっぷり泡立てやさしく洗うことをおすすめします。洗顔料が肌に残らないよう、十分に洗い流してから、清潔なタオルで水気を拭き取り、速やかに基礎化粧品で保湿ケアを行いましょう。

また、かゆみが出てしまうと皮膚の表面だけを保湿しても症状が繰り返されてしまいます。角層をすこやかに保つためには、角層そのものを育てて、成熟した状態に保つことも大切です。そのためには、うるおい(水分)と皮脂(油分)のバランスを整えること。これらの機能に近い働きをする成分を化粧品で補うことにより、肌の保湿をキープすることができます。保湿成分や肌バリアの保護成分はさまざまなものがありますので、自分の肌にあったものを選ぶようにしましょう。

入浴後の保湿:できるだけ早く保湿剤を使用する

入浴中は角層に水分が入り込み、肌は一時的に潤いますが、お風呂上りはお湯によって肌がふやけ、角層の細胞の間にゆるみが生じていますので、よりお肌の中の水分が逃げやすい状態になっています。

入浴後はできるだけ早く、保湿剤を塗って水分が逃げないようにフタをすることで、乾燥肌によるかゆみを防ぎましょう。お風呂から上がって10分以内のケアがおすすめ。

生活習慣の改善:充分な睡眠・栄養をとる

疲れやストレスの蓄積は、乾燥肌のかゆみを悪化させてしまいます。十分な睡眠や栄養バランスを整えることは、お肌に活力を与え、細胞を元気にします。

まずは質のよい睡眠で成長ホルモンの分泌を促し、肌のターンオーバーのサイクルを整えましょう。質のいい睡眠には、眠り始めてから最初の3時間の間にぐっすりと眠ることが大切です。ベッドに入る1~2時間前に入浴を済ませて体を温め、寝る頃にほどよく体温が下がるようにしましょう。寝る1時間前からは飲食を控え、脳を覚醒させるようなTVやスマホもできるだけ避け、寝室の照明を落としておくのも、自然な眠りに入るためのコツです。

栄養面では、肌の材料となるタンパク質や、すこやかな肌を作るビタミンAやビタミンB群、抗酸化作用で肌細胞を守るビタミンCやビタミンE、ターンオーバーに大きな役割を担う亜鉛などの摂取が大切です。とくに、ウナギやレバー・ニンジン(ビタミンA)、豆類やたらこ・植物油(ビタミンE)を積極的に摂ることを心がけましょう。

紫外線対策

紫外線対策も重要です。紫外線による刺激に敏感な人は、日焼け止めや帽子・日傘などで肌を守りましょう。日焼け止めの効果を示す値には、紫外線B波(UV-B)を防ぐSPF、紫外線A波(UV-A)を防ぐPAがあります。散歩や買い物など日常生活で使う場合はSPF20~30・PA++程度、屋外でのスポーツや海・山のレジャーにはSPF40~50・PA+++以上を選ぶといいでしょう。

乾燥肌トラブルには日頃の予防方法も有効!

今回は冬に起きがちな、乾燥肌トラブルの正しい予防方法と対策を紹介しました。

冬の乾燥は、気温や暖房器具・加齢など、避けられない原因もありますが、日頃から生活習慣や紫外線対策などに気をつけ、スキンケアの種類や入浴後の保湿を見直すことでも改善がみられるでしょう。

ほかにも、冬はセーターなどを着る機会が増えますが、直接皮膚に触れるものはチクチクしない刺激の少ないものを選ぶといいです。下着や靴下などのゴムがきついと、肌が圧迫されて刺激となりかゆみを呼ぶので、しめつけにも注意が必要です。また、飲酒や香辛料の強い食べ物は体温を上昇させかゆみの悪化につながるので、かゆみの症状が強い時は控えてください。

日頃の予防や対策をしっかりして、冬の乾燥肌トラブルを防ぎましょう!

ウォーターサーバーランキング
コスモウォーター
管理人一押しのウォーターサーバーです。
初期費用、サーバーレンタル料、水の送料全てが無料!!
その中でもsmartプラスは2017年にグッドデザイン賞を受賞しているという、
「安い、そしておしゃれ」という完璧なウォーターサーバーといえるでしょう。
フレシャス
フレシャスのいいところは、なんといっても「交換のしやすさ」
ユーザーの利便性を徹底的に考えられたデザインは、当然グッドデザイン賞はとっています。
特に子供がいる家庭では抜群の性能を発揮するでしょう。
その理由は「子供の手の届かない高さに蛇口を設置している」という点。
チャイルドロックだけでなく、こういうユーザーの事を徹底的に考えて作られているところは、
流石としかいいようがありませんね。
プレミアムウォーター
プレミアムウォーターのいいところはなんといっても水の美味しさ。
水の美味しさをこだわりたいならプレミアムウォーター1択です。
富士山のふもとにある工場の地価200mから採取した天然水を非加熱でパッキングしており 天然水ならではのミネラルが物凄いです。
おしゃれ、旨い水という事にこだわりたいならプレミアムウォーターがおススメです。
ただサーバーの月額料金が4300円~かかってしまいますので要注意!!
おすすめの記事