赤ちゃんに塩素入りの水を飲ませたくない!悩みをウォーターサーバーで解決!

あなたの大事な赤ちゃんに塩素入りの水を飲ませたくない!

つまり、赤ちゃんに水道水(塩素消毒)を飲ませるのはちょっと心配?
赤ちゃんを育てていると、不安になるのではないでしょうか。

日本の各家庭に届けられている水道水は世界で最も高い安全性を誇っている程安心感があるため、直接飲んでも一切健康に害は無いということは周知のことです。

一方で、水道水が安全なのは塩素を使用しているという実態がありますので、水道水への不安を順を追って整理していきましょう。

水道水は、塩素を使用しているので、カルキ臭が気になる。

水道水は、品質目的として塩素が使用されている

まず、品質保持を目的として、水道水には、塩素が使用されていますので、独特のカルキ臭が気になります。

自宅までの送水途中の部材の劣化や老朽化を懸念してしまう。

また、塩素やカルキ臭の他にも配管パイプや貯水槽、水道管といった自宅に届けられるまでにある各所の部材の劣化や老朽化も懸念材料になり、赤ちゃんに対しては口にさせたくないと感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

水道水を沸騰して塩素除去するが、、、

そこで、、一度水道水を沸騰させると塩素が取り除かれ細菌も除去できるのですが、一方で、発がん性物質として指定されている有害な物質が増えてしまう事を懸念し、行えないというジレンマに悩まされている。

調べれば調べるほど、神経質になり過ぎてしまう面もある。

このように、日本の水道水の安全性は、世界で最も高い事は理解していても、塩素の含有や沸騰による発がん性物質の現れなどにより、生まれてからまだ日が浅い赤ちゃんには塩素入りの水を飲ませたくないと感じることもあるかもしれませんがネット等で調べれば調べるほど、少し神経質になりすぎている面もあり、実際は、大きな問題は無い為、赤ちゃんに水道水を与えても一般には害にはなりません。

水道水を与える事に対して躊躇してしまう場合は、、、

とはいえ、赤ちゃんに水道水(塩素入りの水)を与えることに躊躇してしまう場合は、ミルクなどから離乳食に移行しある程度消化器系が発達してきた段階の6ヶ月頃を目安とし、少しずつ与えてあげることをおすすめします。

あまり神経質になり過ぎるのも良くない検証結果もある。

実は、水道水を与える事について心配をしている親が多い実情とは裏腹に、あまりにも神経質に考えすぎてしまい、比較的大きくなるまでミネラルウォーターのみで育てていた方が、身体に良くないという検証結果もあります。

まさに水が合わないという状態に陥ってしまう事が影響しており、衛生面と健康上は問題が無いとしても微量に含まれている成分を少しずつ体内に摂り込む事によって、消化器系などの身体の各部が丈夫になっていくためです。

ミネラルウォーターばかりで育ててしまうと、大きく成長し自分で蛇口から水をコップに入れて飲んだ際、
全く品質に問題は無い上に生まれ育った地元の水道水であっても、お腹を壊したり体調不良に見舞われる恐れがあります。

そのため、あまり神経質に考え過ぎる事無く離乳食が開始される6ヶ月頃を目安にし、お腹が緩くなってしまった様子であるのなら少し時間を置き、1歳頃にもう一度飲ませてあげるようにすることも良いでしょう。

また、どうしても水道水への心配が払拭できないのならミネラルウォーターと割ってミルクを作るのも一つの方法ですが、ミネラルウォーターと割る場合には軟水を選んで投入するようにすることをおすすめします。

ウォーターサーバーで赤ちゃんに安全なミルクを

我が家では、赤ちゃんと家族の健康のためにウォーターサーバーを使っています。
赤ちゃんに使う水は主に4つあります。
ひとつは水道水で、電気ケトルや電気ポットなどで沸かして使います。

浄水器をキッチンに取り付けて使っている家庭や、ペットボトルの水をスーパーなどで購入して使っている家庭もあります。

大人だとミネラル分が多い水を好む人もいますが、ミネラル分が多すぎる水は赤ちゃんに適していないので避けています。

ミルクを作る場合、以前は湯冷ましを混ぜて作っていました。

水道水を沸かして作った場合は空気に触れると雑菌が増えてしまうので、1日以内に使う必要があります。

マンションに住んでいるのですが、古いマンションなので水道水をそのまま使わず浄水器を付けていました。

浄水器は便利ですが、キッチンが狭くなるというデメリットがあります。
定期的にフィルターの交換が必要で料金も高めです。

ペットボトルは沸かす手間がかかり、買い忘れる心配があります。

浄水器でも我慢すれば使えましたが、結局ウォーターサーバーを導入することにしました。
ウォーターサーバーを設置してからは、ミルク作りが楽です。

水を沸かす手間がいらず、お湯をすぐに使うことができます。

外出先から帰ってきてコーヒーを飲みたい場合は、ウォーターサーバーのお湯を使います。

電気ケトルでお湯を沸かすと手間がかかるので、その分時間の節約ができます。
赤ちゃんのミルク用の湯冷ましも、ウォーターサーバーの冷水をそのまま使えます。

最近は様々なウォーターサーバーが登場していますが、我が家に導入したモデルは最新のモデルで使っている水も新鮮で美味しいです。

ペットボトルの水だと場所をとりますが、ウォーターサーバーがあると場所をとらないので部屋を広く使えます。

常に新鮮な水を常備できるので、災害対策にもなります。
水があることの大切さが身にしみているので、
ウォーターサーバーを設置して良かったです。

まとめ

今回は、水道水を赤ちゃんに与えても大丈夫か?
という点について説明しましたがいかがでしたでしょうか。

大前提として日本の水道水は、世界でも有数な安全な水ということは周知の事実ですね。

それでも塩素(カルキ臭)や不純物を気にしてしまうという方は、ウォーターサーバーの天然水(軟水)を
上手に使用することが良いのではないでしょうか。

下記におすすめのウォーターサーバーを紹介しますので、気になる方は検討してみてはいかがでしょうか。

コスモウォーター

富士山の100%天然水『プレミアムウォーター』

やさしい天然水【フレシャス】

 

ウォーターサーバーランキング
コスモウォーター
管理人一押しのウォーターサーバーです。
初期費用、サーバーレンタル料、水の送料全てが無料!!
その中でもsmartプラスは2017年にグッドデザイン賞を受賞しているという、
「安い、そしておしゃれ」という完璧なウォーターサーバーといえるでしょう。
フレシャス
フレシャスのいいところは、なんといっても「交換のしやすさ」
ユーザーの利便性を徹底的に考えられたデザインは、当然グッドデザイン賞はとっています。
特に子供がいる家庭では抜群の性能を発揮するでしょう。
その理由は「子供の手の届かない高さに蛇口を設置している」という点。
チャイルドロックだけでなく、こういうユーザーの事を徹底的に考えて作られているところは、
流石としかいいようがありませんね。
プレミアムウォーター
プレミアムウォーターのいいところはなんといっても水の美味しさ。
水の美味しさをこだわりたいならプレミアムウォーター1択です。
富士山のふもとにある工場の地価200mから採取した天然水を非加熱でパッキングしており 天然水ならではのミネラルが物凄いです。
おしゃれ、旨い水という事にこだわりたいならプレミアムウォーターがおススメです。
ただサーバーの月額料金が4300円~かかってしまいますので要注意!!
おすすめの記事