ro水を作り出すro膜はとてもきめ細かな膜!天然水との違いはミネラルの有無!

ミネラルウォーターについて、関心を持って調べていくとウォーターサーバー、天然水、ro水という言葉がでてきます。

ウォーターサーバーや天然水はイメージがわきますが、普段、耳にすることはないro水っていったい何?
天然水とro水って何が違うの?と疑問にもっているのではないでしょうか?

今回は、ro水について説明し、ro水と天然水の違いについても解説していきますので、少しでもあなたの参考になればと思います。

ro水とは何か?

天然水は自然に採取した水というのはなんとなく分かるかと思いますが、ro水というものはどんなものでそして、どんな特徴を持っているのか。

ro水はro膜がポイント

RO水のRO(Reverse Osmosis)とはRO膜のことをさしています。

では、RO膜とはどんなものかというと、、、日本語でいうと逆浸透膜と呼ばれるもので簡単に言うと、とてもきめの細かなフィルターのことです。

ro膜を使って水をろ過した水がro水

そして、この細かなフィルターを使って水をろ過し、不純物を取り除いてできた水がro水ということになります。つまり、より安全で安心な水ということです。

しかし、とても細かなフィルターを通して水をろ過しますので不純物と一緒に水の中に含まれるミネラルなども取り除いてしまいます。

ミネラル分は天然水が美味しく感じる要因の一つでもあるので、味に関しては無味に近くなります。

よって、フィルターを通した後にミネラル分を添加したRO水もあります。

したがって、安心で美味しい水が良いという方はミネラル分が添加されたRO水を選ぶと良いでしょう。

ro水(ミネラル除去版)の良い点

ミネラル分が除去されているということに関しては、良い点もあります。

ウォーターサーバーの水の用途としてよくあるのが赤ちゃんの調乳用に使うというものとなりますが、

赤ちゃんはまだ胃腸が弱いのでミネラルたっぷりの水は刺激が強すぎる場合があるので、RO水の方が良いとも言えます。

ro水を作りだすro膜に焦点をあてて解説

ro膜とは日本語だと逆浸透膜というもので、汚れた水をろ過して不純物を取り除く技術のことです。

水に圧力を掛けることで、汚れだけろ過して純水を取り出す、それこそがまさにro膜です。

ro膜で作り出された水はro水と呼ばれ純度が高く新鮮な味わいを楽しむことができます。

ro膜の表面には1~2ナノメートルという、非常に小さな穴が開いています。

例えると、髪の毛と比べても圧倒的な細さですから、肉眼で1つ1つを確認するのは難しく、何が起こっているか見るのは困難です。

その小さい穴の圧力で綺麗な水だけを押し出し、膜の内側に不純物が残ると考えれば、理解しやすく思い浮かべるのも難しくないでしょう。

自分も最初はちんぷんかんぷんでしたが、基本的な仕組みを理解することで、ro水がどのように作り出されているのか分かるようになりました。

実際は非常に複雑な仕組みのようで、ro膜といっても1枚の薄いシートではなく、複数の膜を通過して初めてro水が作られる結果に至ります。

ro膜は、いうなれば不純物を含まない純水と、不純物が濃縮された廃棄水に分類するものです。

花粉やカビよりも小さいウイルスも通さない穴で構成されるフィルターですから、改めてro膜の凄さがわかります。

活性炭のみを使った一般的なフィルターだと、水に溶け込む有害な化学物質は除去できないですがro膜ほどの高性能なフィルターでは、ほとんど逃すことなく有害物資をキャッチしたり、廃棄水として排出可能です。

ro水の純度を左右する性能製品ごとに違うでしょうが、家庭用でも十分に高い性能に達しています。

ro膜を使った高度なフィルターは、活性炭や中空糸膜など、段階的に汚れを取り除く構造になっている仕組みです。

理由は大きな汚れから取り除いていき、最後に取り除くのが難しいサイズの汚れを除去することで、純度の高いro水作り出す為です。

ro水を飲むならウォーターサーバーがおすすめ!

ro水は、ウォーターサーバーを契約することで飲むことができます。

最近、一般家庭でも契約数が増えてきているウォーターサーバーは
天然水タイプとRO水タイプのものがあり、

ro水は天然水タイプのサーバーと比較すると金額が安いのが特徴

月額費用の安いウォーターサーバーならRO水のサーバーがおすすめ!

そもそもですが、日本は、水が綺麗なので、水道水はそのまま飲める品質です。家庭でも昔は、水道水を飲んだり調理に使うことが当たり前でしたね。

しかし、生活水準が上がるにつれ当たり前が変わりつつあり、水道水をそのまま飲んだり調理に使うのではなく
最近は、浄水器を通す家庭が増えてきていますし、日本ではあまり普及しないと思われてきたミネラルウォーターの販売も近年では、好調ですね。

オフィスや店舗だけでなく家庭でも広まっているウォーターサーバーの利用で、最近では多くの企業が
ウォーターサーバー事業を展開しています。

実際にウォーターサーバーを利用し始めようとしているのであれば天然水もしくは、ro水の特徴を考慮しながら検討してみてはいかがでしょうか。

 

ウォーターサーバーランキング
コスモウォーター
管理人一押しのウォーターサーバーです。
初期費用、サーバーレンタル料、水の送料全てが無料!!
その中でもsmartプラスは2017年にグッドデザイン賞を受賞しているという、
「安い、そしておしゃれ」という完璧なウォーターサーバーといえるでしょう。
フレシャス
フレシャスのいいところは、なんといっても「交換のしやすさ」
ユーザーの利便性を徹底的に考えられたデザインは、当然グッドデザイン賞はとっています。
特に子供がいる家庭では抜群の性能を発揮するでしょう。
その理由は「子供の手の届かない高さに蛇口を設置している」という点。
チャイルドロックだけでなく、こういうユーザーの事を徹底的に考えて作られているところは、
流石としかいいようがありませんね。
プレミアムウォーター
プレミアムウォーターのいいところはなんといっても水の美味しさ。
水の美味しさをこだわりたいならプレミアムウォーター1択です。
富士山のふもとにある工場の地価200mから採取した天然水を非加熱でパッキングしており 天然水ならではのミネラルが物凄いです。
おしゃれ、旨い水という事にこだわりたいならプレミアムウォーターがおススメです。
ただサーバーの月額料金が4300円~かかってしまいますので要注意!!
おすすめの記事