ウォーターサーバー契約前に、絶対チェックしておくべき7つのこと!

あなたが、ウォーターサーバーをはじめて契約する場合、何を確認してよいのかどうか迷っているのではないでしょうか?

今回は、はじめてウォーターサーバーを契約・選定する際に絶対にチェックしておくべき7つのポイントについて紹介していきますので契約を検討する際に、参考にしてみてください。

最近は、家庭でもウォーターサーバーの需要が増えてきていることを確認する上でウォーターサーバーの
市場状況についてまずは、説明をしていきますね。

ウォーターサーバーの市場は右肩上がりに成長中

ウォーターサーバーの市場は、矢野研究所の調査にもありますとおり、年々右肩上がりで成長しています。

具体的には、2010年度に630億円だった市場規模は、年々増えていって2017年度には1280億円で約2倍になっています。

右肩上がりの成長の一因として、近年では法人契約だけでなく個人(家庭)での契約が増えてきていることが挙げられます。

ウォーターサーバーのメリットについて

ウォーターサーバーは、ボタン一つでいつでも、おいしい冷水・お湯を出すことができるのでとても便利です。

特に、赤ちゃんや小さい子どもがいる家庭では、赤ちゃんのミルク子どもに安心安全な水を飲ませたい。(放射能の話題もあり。)というニーズが増えてきています。

あなたも、おそらく月額料金はかかるが、
・ウォーターサーバーの便利さの時間を買うこと。
・家族、子供、自分の健康が長い目で見たときにプライスレス

だと考えて、
ウォーターサーバーの導入を検討しているのではないでしょうか。

あなたのように考えてウォーターサーバーを契約している人がデータ上も実際に年々増えてきている。ということです。

ウォーターサーバーを契約する際の7つのチェックポイント

それでは、ウォーターサーバーを契約しようと考えたときウォーターサーバーの会社は数多くありますので、どこの会社と契約することが良いのか。そしてどのサーバーにすれば良いのか。

ウォーターサーバーを選定・契約する際の7つのチェックポイントを説明します。

ウォーターサーバーの月額費用を確認

ウォーターサーバーを契約するときに大事なのは、結局は、月額費用ということです。
つきつめて言うと、費用対効果ということになります。

ウォーターサーバーの費用は、多くの会社は、サーバーレンタル料金無料としています。
ここでチェックしておく点は、

・解約金(解約費用)

・水ボトルの料金

・水ボトルの月額ノルマ(月額何本はマスト)

今、あなたが契約を検討している業者の上記3点を比較チェックしてみましょう。

ウォーターサーバーの解約金(契約期間)を確認

ウォーターサーバーの解約金や退会手数料については、後々、言った言わない。と双方で嫌な気持ちにならない為にも契約前にしっかりと確認しておきましょう。

店頭で契約期間が長期間になる縛りなどの事前説明がなされずに契約をし、トラブルになるケースもよく見られます。

解約金や退会手数料に関しては、販売スタッフなどに契約前に必ず確認をとることが大切です。

参考記事

ウォーターサーバー解約理由5つと人気3社の解約金・契約期間を徹底検証!

ウォーターサーバー 水ボトルの注文ノルマ

解約にもかかわってくるのですが、ウォーターサーバーを契約する際に、各サーバーの水ボトルのノルマについても確認しておきましょう。

ノルマは平均すると、月24ℓが目安となります。

水ボトルの注文ノルマに達していない場合には、手数料を取られることが多いです。

これについても解約金や退会手数料と同じようにトラブルが発生するケースがあるので、必ず確認する必要があります。

ウォーターサーバーの水の配送方法を確認

ワンウェイ方式かリターナブル方式か

二つ目にボトルについてよく考える必要があります。
一回で使い切るタイプ(ワンウェイ方式)と、再利用可能(リターナブル方式)の2種類があり、
一回で使い切るタイプの場合には、ペットボトル飲料と同じ感覚で利用することができます。

最近は、ワンウェイ方式いわゆる使い切るタイプのサーバーが人気がある傾向があります。

ワンウェイ方式

ワンウェイ方式は使い捨ての水ボトル・水パックを使用することで水を送るだけで回収しない方式となります。
大手ウォーターサーバー会社は、宅配業者(ヤマト運輸等)に宅配依頼をしていますので、受け取る側も融通がききますね。私は、ワンウェイ式のサーバー会社をおすすめします。

リターナブル方式

しっかりとしたガロンボトルを水ボトルに使用しており、自社配達ルートを使用して、配達・使用後の水ボトルの回収洗浄をして水ボトルの再利用をしている方式です。

参考記事

ウォーターサーバー一人暮らしにワンウェイ方式をおすすめする4つのメリット!

ウォーターサーバの水の種類を確認(天然水・RO水)

ウォーターサーバーのお水の選び方

まず第一にお水の選び方です。

ウォーターサーバーに使われている水は、特定の水源から採水された天然水と、RO膜と呼ばれる特殊なフィルターを使い不純物を除去したRO水の2種類に分かれます。

天然水は、

天然水はミネラル成分を水と一緒に摂取できるので、天然由来のものを好む人には根強い人気があります。

RO水とは、

RO水とは、水道水をRO膜(逆浸透膜)と呼ばれる装置でろ過した水となります。

参考記事

ミネラルウォーター・天然水・RO水の違いとは?おすすめの水のペットボトルも紹介!

一昔前は、RO水のウォーターサーバーが主流でしたが、最近はお客様のニーズが強まり、天然水を提供しているサーバー会社が増えてきました。

RO水の場合は、圧倒的に安全性が高いことから、赤ちゃんが飲むミルク作りにもにも更に安心して利用することができます。

天然水とRO水のウォーターサーバーを比較すると、天然水のウォーターサーバーの方がお水代はやはり高くなります。

水は、天然水までこだわらない。ペットボトルを買いに行く手間がなくなり、いつでも冷水やお湯が出る利便性に契約ニーズがある場合は、RO水のウォーターサーバーを契約することで月額料金を抑えることができますよ。

参考記事

月額費用の安いウォーターサーバーならRO水のサーバーがおすすめ!

ウォーターサーバーの水ボトルの設置位置を確認

ウォーターサーバーの水ボトルの設置位置は、上置きタイプと下置きタイプの2種類がありますので
しっかりと、水ボトルの設置位置も確認しておきましょう。

上置きタイプと下置きタイプそれぞれの特徴を説明していきます。

水ボトル 上置きタイプ

上置きタイプであれば水が減っていく様子も確認することができるので、交換のタイミングもわかりやすいでしょう。

停電時にもお水をそそぐことができる特徴があります。

水ボトル下置きタイプ

下置きタイプの場合は、水ボトルを上まで持ち上げる必要がないので水ボトルの設置が楽です。

特に、女性やシニアの方は、重たい水ボトルを上まで持ち上げて設置するのは大変ですので、下置きタイプをおすすめします。

下から水を吸い上げるので、停電時には使用できなくなるというデメリットもあります。

水ボトルが下にあるので、モーターで水を上まで引き上げますので、モーター音が気になる。
という口コミがありますが、各社最新型のサーバーは静音設計タイプも多いです。

ウォーターサーバーの置き場所と撤去について

六つ目にはウォーターサーバーの設置と撤去についてです。
ウォーターサーバーの置き場所と撤去はメーカー側が行う場合と、自分自身で行わなければならない方法があります。

ウォーターサーバーは20キロ以上の重さにもなるため、一人で設置することはなくおかしいものです。

ウォーターサーバー会社のクレーム・トラブル対応について

最後のチェックポイントは故障などのトラブルの対応についてです。
故障や水漏れが発生した場合には基本的には電話でのサポートとなりますが、中には早急な対処が必要なケースもあります。

このような場合にサポート体制が整っていない場合には、数日間も放置されることがあるため、トラブル発生時のサポート体制についても事前に確認しておましょう。

クレーム・トラブル対応はやはり、大手ウォーターサーバー会社はしっかしていて、安心ですよ。

まとめ

今回は、はじめてウォーターサーバーを契約する際の7つのチェックポイントについて紹介しました。

今回紹介した7つのチェックポイントを参考にしながらあとは、サーバーのデザイン、性能機能、月額料金(水の使用量)を考えながら、ウォーターサーバーを選定していく。ということをおすすめします。

参考記事

ウォーターサーバーの月額料金はいくら?料金内訳と水代を徹底解説!

プレミアムウォーター 3人、4人家族で月に何リットル飲む?水代の料金は?

ウォーターサーバー人気カラーはホワイト(白色)・ブラック(黒色)・ブラウン(茶色)!

7つの条件を踏まえて、私がおすすめしているサーバーは下記3社となりますのであなたが、初めて契約してどこにしようか迷っていれば、一度検討してみていただければと思います。

コスモウォーター

富士山の100%天然水『プレミアムウォーター』

やさしい天然水【フレシャス】

ウォーターサーバーランキング
コスモウォーター
管理人一押しのウォーターサーバーです。
初期費用、サーバーレンタル料、水の送料全てが無料!!
その中でもsmartプラスは2017年にグッドデザイン賞を受賞しているという、
「安い、そしておしゃれ」という完璧なウォーターサーバーといえるでしょう。
フレシャス
フレシャスのいいところは、なんといっても「交換のしやすさ」
ユーザーの利便性を徹底的に考えられたデザインは、当然グッドデザイン賞はとっています。
特に子供がいる家庭では抜群の性能を発揮するでしょう。
その理由は「子供の手の届かない高さに蛇口を設置している」という点。
チャイルドロックだけでなく、こういうユーザーの事を徹底的に考えて作られているところは、
流石としかいいようがありませんね。
プレミアムウォーター
プレミアムウォーターのいいところはなんといっても水の美味しさ。
水の美味しさをこだわりたいならプレミアムウォーター1択です。
富士山のふもとにある工場の地価200mから採取した天然水を非加熱でパッキングしており 天然水ならではのミネラルが物凄いです。
おしゃれ、旨い水という事にこだわりたいならプレミアムウォーターがおススメです。
ただサーバーの月額料金が4300円~かかってしまいますので要注意!!
おすすめの記事