ウォーターサーバーの水は、放射性物資での内部被ばくは大丈夫!!

ウォーターサーバーを検討している理由の一つに
放射能の心配がない、安全安心な水を飲みたい。

と思っているのではないでしょうか。

2011年3月に発生した東日本大震災の地震並びに津波の
影響で被害を受けた福島原子力発電所の放射能が連日
ニュースで流れたことで、家庭でのウォーターサーバー
の契約件数は、伸びてきています。

今回の記事は、ウォーターサーバーの水について、
放射能は検出されていないので、心配ない点について
説明しますので、ぜひ読んでみてください。

ウォーターサーバーの水は毎月検査を実施

早速ですが、

なぜウォーターサーバーの水が安全と言い切れるのか。
と言いますと、ウォーターサーバー各社は定期的に
水質検査を実施して、結果内容をホームページに掲載しています。

放射能物質についての検査結果の提示

放射能物質についての検査結果を提示しています。

当サイトは、下記3社を推奨していますが、
当然のことながら、3社とも定期的に
実施しており、検査結果を提示しています。

★プレミアムウォーター
https://premium-water.net/reason/safety/qualitytest/

★フレシャス
https://www.frecious.jp/news/2018/10/01/2018%E5%B9%B410%E6%9C%88%E6%9B%B4%E6%96%B0%EF%BC%9A%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%80%A7%E7%89%A9%E8%B3%AA%E6%A4%9C%E6%9F%BB%E7%B5%90%E6%9E%9C/

★コスモウォーター
https://www.cosmowater.com/commit/report.html

もちろん、各社とも放射能物質は検出されておりませんので、
安心して契約を検討いただければと思います。(2018年10月現在)

放射能で被ばくするということは、どういうことなのか。

ウォーターサーバーは、検査を実施しているので、心配なく飲める水ということはわかっていただけたと思います。

念のため、被爆をするという可能性として、外部被ばくと内部被ばくがあります。

外部被ばくとは

体の外側から影響を受けること。
空気中に飛散した放射能物質を浴びてしまうということ。

内部被ばくとは

内部被ばくがウォーターサーバーに大きく関わってくる点です。
つまり、水や食料品と一緒に摂取することで体内から放射能の影響を受けてしまう点です。

まとめ

今回は、水の放射能物質について説明をしてそのうえで、ウォーターサーバーは定期的に放射能物質についての検査を行い、各社ホームぺージで結果の提示をしていますので可視化されており、心配を払拭できます!

放射能物質についての検査結果の提示をしてる下記、3社も検討してみてはいかがでしょうか。

コスモウォーター

富士山の100%天然水『プレミアムウォーター』

やさしい天然水【フレシャス】

 

ウォーターサーバーランキング
コスモウォーター
管理人一押しのウォーターサーバーです。
初期費用、サーバーレンタル料、水の送料全てが無料!!
その中でもsmartプラスは2017年にグッドデザイン賞を受賞しているという、
「安い、そしておしゃれ」という完璧なウォーターサーバーといえるでしょう。
フレシャス
フレシャスのいいところは、なんといっても「交換のしやすさ」
ユーザーの利便性を徹底的に考えられたデザインは、当然グッドデザイン賞はとっています。
特に子供がいる家庭では抜群の性能を発揮するでしょう。
その理由は「子供の手の届かない高さに蛇口を設置している」という点。
チャイルドロックだけでなく、こういうユーザーの事を徹底的に考えて作られているところは、
流石としかいいようがありませんね。
プレミアムウォーター
プレミアムウォーターのいいところはなんといっても水の美味しさ。
水の美味しさをこだわりたいならプレミアムウォーター1択です。
富士山のふもとにある工場の地価200mから採取した天然水を非加熱でパッキングしており 天然水ならではのミネラルが物凄いです。
おしゃれ、旨い水という事にこだわりたいならプレミアムウォーターがおススメです。
ただサーバーの月額料金が4300円~かかってしまいますので要注意!!
おすすめの記事